歯のこと豆知識**義歯安定剤、何を選ぶべきか?

歯のことQ&A

美味しくおにぎりを食べる女の子
こんにちは。歯科衛生士のミチルです。

先週の日曜日、博多で行われた九州デンタルショーへ行ってきました(^^)

開場と同時に行ったのですが、気がついた頃には帰る時間でした。
デンタルショーに行くと、開発者の方がブースにいる場合が多いので、普段気になっているけど誰に聞いたら良いのか…、なんて疑問を解決してくれます。
他にも新商品があったり、雑誌やディーラーさんからの情報だけだとつい興味のある項目に目が行きがちなので、偏りなく勉強できるありがたい場なんです!

そこで義歯安定剤について勉強したので、今回は選び方についてお伝えします♩

【義歯安定剤って?】

入れ歯の模型
フィット感が物足りないときに使ってもらう道具です。

コマーシャルでも「美味しく食べられる」とよく見るのでなんとなくご存知の方も多いと思います。

簡単に言うと、お口に使える接着剤ですね。

この接着剤、いろんな形状があることをご存知でしょうか?

【形状】

安定剤の形状は、主に4つに大別されます。

クリームタイプ
→CMでおなじみの形状ですね。
少量で伸びが良い商品も多くなりました。

粉タイプ
→塩コショウを食材にかけるように、義歯にパラパラと振って使用します。薄く均一につくので厚みが出ません。

シートタイプ
→義歯の形に合わせて切り貼りして使います。

クッションタイプ
→義歯の隙間が大きいときに使います。

今回は、粉とボンドについて聞いてきたのでこの2種類をお伝えします。

【選択方法】

外出などで食後に義歯を外して洗えない場合は、接着力の高いクリームタイプがオススメです。

義歯を外すと口腔内にも安定剤が付着して残ります。それをきれいに取り除かないといけないのですが、その手間がかけられない、又は残った感じが気持ち悪い、という方は付着の少ない粉タイプが良いでしょう。

当医院にはクリームタイプのポリグリップ、粉タイプはファストンを取り扱っております。
ファストンは天然由来の成分ですので安心してお使いいただけます(^^)

使用方法など、気になる方は当医院スタッフまで(^^)