歯の神経はなぜ大切なの?

お知らせ

MTA , 抜髄 , 神経

溝井歯科医院のブログを拝見して頂きありがとうございます!

今回は、歯の神経についてお話していきます!

歯の神経とは?

もともと生きている歯には神経があります。

これを専門用語で「 歯髄 」と呼びます。

この歯髄には、神経の他にもたくさんの血管を含んでいて、歯の健康に大きな役割を担っています。この歯髄があることによって、痛みを感じることができるのです。

歯の神経の役割って?

歯の神経があると…

⚫︎ 虫歯から歯を守ってくれる

⚫︎ 虫歯になったことを教えてくれる

⚫︎ 歯が割れるのを防いでくれる

⚫︎ お口の中の変化を知らせてくれる

⚫︎ 歯の根っこの成長を助けてくれる

などなどたくさんの役割が神経にはあります!

逆に歯の神経がなくなってしまうと…

◾︎ 歯の異常を感じられなくなる!

    ↪︎ 食事中歯がしみたり、虫歯による痛みを

        感じることが出来なくなります。

◾︎ 歯の色が変わる!

    ↪︎ 血液が循環しなくなると、歯の色が徐々に

        黒ずんできます。

◾︎ 歯がもろく割れやすくなる!

    ↪︎ 歯に栄養が届かなくなり、枯れ木のような

        状態になってしまいます。

◾︎ 治療の回数と費用がかかる!

   ↪︎ 歯の神経を抜くと、治療回数が増えたり

       その後に被せを作ると費用もかかります。

いかがでしょうか?

歯の神経には、私たちの歯を守る多くの役割があるのです。

できる限り神経を残していきたいというのは、患者様も我々も同じ気持ちなのです。

歯の神経を残すためにはどうしたら良いの?

では、なにが歯の神経を残すために重要なのでしょうか?

当医院では、歯の神経を残す上で以下のことを大切にしています。

1. 本当に歯の神経が残せるかどうかをきちんと判断致します。

   歯の神経を残すことだけが、正義では ありません。

   炎症を起こした歯の神経をきちんと除去できる判断も重要です。

2. 患者様への説明をわかりやすく、丁寧に。

よく、過去に歯医者に行ったら神経を抜かれてしまった、歯を抜かれてしまったというお話を耳にします。

ご自身で受ける治療、受けた治療をきちんと理解して気持ちよくお帰り頂くために、治療の根拠について徹底的にご説明致します。

3. 適切な材料を、マイクロスコープの拡大視野の中で精密に使用します。

患者様との同意のもと治療に臨んだ上で、歯の神経を残すために全力を尽くします。マイクロスコープの拡大視野で、その歯の状況ごとに適切な治療法、薬剤を選択し精密にそれらを使用致します。

4. 残した歯の神経に責任を持ち、長期的にフォローアップを行います。

歯の神経を残す治療は、今日成功した、今成功した、というものではありません。歯の神経を残せたとしても、経過観察を行うと次第に弱って、痛みもなく死んでしまうことも稀にございます。

当医院では、治療したままにせず、歯の神経がきちんと生きて残っているかを、きちんと確認させて頂くフォローアップを行っております。

MTAセメントとは?

近年、歯の神経を残す治療において、注目されているのが「 MTAセメント 」と呼ばれる材料です。MTAセメントとは、虫歯により歯の神経が露出した箇所を封鎖する際に使用するお薬のことです。

⚫︎ お口の中の細菌が歯の中に入るのを防ぐ

    封鎖 にもっとも優れています!

⚫︎ 身体への馴染みがよく長期にわたり

    細菌の侵入を防ぐ能力 に長けています!

⚫︎ 硬化後は強アルカリ性のため周囲に

    細菌の増殖を抑制 することができます!

⚫︎ Ca2†が放出されることにより歯の成分である

ハイドロキシアパタイト を形成します!そして、神経を残したままの治療ができるため歯の寿命が延びることが期待できる というのはこの材料の1番のメリットと言えます。

MTAセメントは誰でも使えるの?

MTAセメントが可能な状態としては「自発痛」があるかどうかが1つのポイントとなってきます。

自発痛とは、何もしていない時でもズキズキ痛むことです。 自発痛が出始まると、虫歯が歯の神経を侵食している可能性が高くなり、MTAセメントによる治療が困難となります。

歯の神経を残せないケースも⁉︎

中には、どうしても歯の神経をさわる治療が必要な場合もあります。     神経にまで虫歯が進行してしまったり、神経が傷ついてしまうと、やがて神経が痛んで化膿し、場合によってはお顔が腫れたり、菌が全身にまわり熱が出ることがあります。

この被害を食い止めるためには、歯の神経を取り除く治療が必要となるのです。

歯の神経を大切にしましょう!

そんなに痛みがないからまだ大丈夫…。

と、思わずに!!

歯に違和感を感じたら、いち早く歯科医院に通うこと。

または定期検診に通って虫歯が進行する前に治療をすること。

これらが歯と神経を守る上で最も有効な手段と言えるでしょう。

当医院では、Drからのカウンセリングを行っております。

わからない事やご質問などございましたら、何でもご相談下さい!

関連記事