私たちは、出来る限り長くご自身の歯を健康に保ってほしいと思っています。

では、その思いをどのように実現するのか。その一つのカギとなるのが、精密治療です。

医師としての治療技術はもちろんのこと、その技術を最大限に活かすためは設備も重要です。当院では、歯科用CTとマイクロスコープを導入しており、徹底した精密治療を通じて再治療リスクを軽減しています。

歯科用 CT

診査・診断に歯科CTを用いることによって、インプラント治療、歯周病治療、根管治療などをより正確に行うことが可能です。

CTの撮影は3D(立体的)なので、従来の平面的な2Dの撮影では実現できなかった口腔内のあらゆる角度から行う診断が可能です。撮影した写真を用いて、医師がきっちりとした診査および診断を行い、患者さんへの丁寧な説明と治療を行っています。

CT撮影では、どんな角度で歯が生えているのか、どんな位置に神経があるのか、顎の骨の厚さや質はどうなっているのかなど、見えない箇所の様子をも一目瞭然です。

また歯の神経もハッキリと写るので、小さな以上もしっかりとキャッチします。

上辺だけではない、真の治療を実現しています。

マイクロスコープ

日本語でいうといわゆる顕微鏡のことです。

マイクロスコープを使用し、肉眼では見ることが出来ない歯の根の内部が見れたり、歯質と人工の歯の境目を高倍率で拡大された状態で見ることが出来ます。これだけ良く見えていると当然ながら、どうしても肉眼では歯を不要に削ってしまうリスクがありますが、それを回避できたり、逆にキッチリと取り除かなければならない歯の組織の取り残しのリスクも回避することができます。

ちなみにアメリカでは、根管治療の専門医にはマイクロスコープの導入が義務付けられています。ただ、日本ではまだ数%の医院しか導入していない最先端の機器となっています。

根管治療

根管治療ほど、精密さが必要とされる治療は他にはないのではないでしょうか。

この治療では、歯の根っこの神経の管に侵入してしまった細菌を清掃し、その後、同箇所への細菌の侵入を防ぐために歯の根っこの管を封鎖します。

この歯の根っこの管(根管)は非常に小さく、肉眼ではほとんど見えません。そのため、驚くことに歯科医師の多くは経験や感覚を頼りにした治療を余儀なくされています。当然、そのリスクとして、細菌の取り残しはもとより、治療器具による根管の破損まで起きてしまうことが、多く発生してしまっています。

当院では、先述の最新の治療機器を駆使して、そのような医療事故を防ぐことはもちろんのこと、健康な歯を保つための治療を最大限実施しています。