突然ですが、お口の中には多数の細菌が潜んでいることはご存知でしょうか。

その細菌のほとんどは、虫歯菌や歯周病菌となっており、その通り「虫歯」や「歯周病」を引き起こす原因となっています。

ちなみに歯垢(プラーク)は食べかすのことを指すのではなく、細菌のかたまりのことを指します。毎日の歯磨き(ブラッシング)で、歯垢や汚れを丁寧に取り除き、細菌のかたまりを発生させないようにすることが非常に大切です。もうおわかりだと思いますが、そのことが虫歯と歯周病の発生を防ぐことに繋がるからです。

しかし一方で、実はどれだけ丁寧に歯磨きを頑張ったとしても、どうしても全ての汚れを取り除くことは不可能です。その結果、毎日少しずつ溜まっていく汚れによって、虫歯や歯周病のリスクと常に隣り合わせの状態なのです。

では、限りなく防ぐためにはどうすればよいのか。

そうです、歯医者に定期的に通うことが重要なのです。

定期検診を受け、常に自分の口腔内の状況を正しく把握し、その結果に合わせた処置を行えるのは歯医者しかありません。歯医者で専門的な予防処置を受け、虫歯や歯周病をしっかりと防いでいきましょう。当院では、口腔内環境を健康に保つお手伝いをしています。

予防のための処置について

歯磨きの方法は100人居たら100通りあると言ってもいいぐらいに、人それぞれです。全員、「私はきちんと磨けている」と思っていると思いますが、口腔内に関してのプロである私たちから見ると、実は効率的に汚れを取り除くことが出来ている人はあまり多くないのです。

更には、歯垢に潜んでいる細菌は、強力な膜(バイオフィルム)で自分たちを守ってしまっているので、問題をややこしくしています。

ここで救世主となるのが、予防のプロである歯科衛生士による口腔衛生指導です。

当院では口腔衛生指導に注力しておりますので、しっかりと時間をかけて一人ひとりのお口の中を詳細に把握し、それに対する丁寧な予防処置を実施しています。

歯医者は歯が痛くなる前に行きましょう

これまで「予防」の重要性をお伝えしてきましたので、「歯医者は歯が痛くなったら行くのではなく、痛くなる前の予防のために行くことが大切」だと、思っていただけましたでしょうか。

正しいケアを行っていけば、虫歯や歯周病は防げるのです。それらになってしまってからでは、治すための時間やお金が余計にかかってしまうので、毎日のご自身でのケアや、歯医者でしかできないプロによるケアを並行して、ご自身の健康な口腔内を維持していきましょう。