姫路駅すぐの歯医者なら溝井歯科医院へ

診療時間
8:30-12:30
13:30-17:30

※■ 7:30-12:30/13:30-16:30
※最終予約受付時間は17:00です。
※予約状況によっては変更をお願いすることがあります。
医院からの電話・メールを受信できる状態にしておいてください。

MENU

ヘッダー画像

マタニティ歯科 Medical

お母さんとお子さんの
お口の健康のために
―虫歯予防は母体の中から始まっています―

お口の健康は、
お母さんと子どもの間で密接な関係があります
生まれたばかりの赤ちゃんのお口は、ほとんど細菌がいない無菌に近い状態です。
むし歯は人類最大の感染症と言われており、この時期に周囲の大人とのキスなどのスキンシップ、大人からの「うつし食べ」、食器を共有することで、むし歯菌がお子さんにうつる可能性があります。むし歯菌が定着してしまうと、虫歯になるリスクが高くなってしまいます。
また妊娠中にお母さんが歯周病にかかっていると、むし歯菌が血流に乗って全身に回るので、早産・流産・低体重児などのリスクが高くなります。
お母さんの安全な出産と、お子さまのお口の健康のためにも、妊娠前・妊娠中からできることがあります。

*

虫歯のリスク管理はマイナス1 歳からの虫歯予防から
小さいうちからむし歯にかかるようになると、そのままの口腔内環境が成人になるまで引き継がれ、大人になってもむし歯になりやすい状態であるという報告があります。
私たちは、お母さまのお口の健康はもちろん、お子さまのお口の健康のためにも、生まれる前、いわゆるマイナス1 歳からのむし歯予防が重要だと考えています。
ご両親をはじめ、お子さんにかかわる方々のお口も健康に保ち、お子さまにむし歯をうつすリスクを下げることにも力を入れています。

妊娠中に生じやすい
お口のトラブル

妊娠中はホルモンバランスが変化し、つわりや嘔吐、味覚の変化などによって、妊婦さんのお口の中は妊婦特有のトラブルが起きやすい環境になっています。
  • 1)歯肉の腫れ、歯肉炎、
    プーリス
    一番多くみられるのが歯肉の腫れ、歯肉炎、エプーリスです。出産すると元に戻って落ち着きます。妊娠前以上にお口のケアを心がけましょう。もしご自身でメンテナンスが難しいとお感じでしたら、当院でメンテナンスいたします。その他にも何かご不明・ご心配なことがありましたら、お気軽にご相談ください。
  • 2)虫歯・歯周病
    妊娠中はつわりがひどく、歯磨きがしっかりできなかったり、おう吐の胃酸で歯の表面が溶かされ、むし歯や歯周病のリスクが高くなります。歯磨きをするのが困難なほどつわりがひどい場合は無理をせず、こまめなうがいでお口の中の汚れを洗い流しましょう。フッ素入りの洗口剤を使うと、うがいの効果もアップします。つわりが安定したら、通常と同じ歯磨きでお口を清潔に保ちましょう。

妊娠中の最適な歯科治療時期

妊娠中の歯科治療は安定期がベストです。妊娠がわかったら、生まれてくる赤ちゃんとお 母さんのためにも、定期的に歯科検診を受けるようにしましょう。妊娠初期4 ヶ月(15 週)までは、使えるお薬に制限があります。特に痛みどめや抗生物質は胎盤を通じて赤ちゃんに行くリスクを考える必要がありますので、応急処置しかできません。
妊娠5〜7 ヶ月(16〜27 週)はいわゆる安定期と呼ばれています。この時期は通常のむし歯や歯周病などの歯科治療、投薬、レントゲン撮影なども可能です
妊娠後期(8 ヶ月、28 週)以降にはお腹が大きくなり、診療チェアそのものが辛くなったり、出産後は子育てに追われ、歯科治療のタイミングを逃しやすくなってしまいます。
むし歯や歯周病の治療、お口の中のクリーニングは、安定期に受けていただくのがベストです。痛みや自覚症状がなくても、安定期に入ったら定期検診をぜひ受けてください。これも赤ちゃんを迎える準備の1つです。

歯科受診時のお願い
1)来院時には母子手帳をご提示ください。
2)産婦人科の主治医医から受けている注意事項がありましたら、たとえ些細なことでも構いませんので、必ず歯科医師やスタッフにお伝えください。
3)できるだけ無理のない楽な姿勢で診療を受けていただけるように配慮いたしますが、体調や気分が悪くなった場合は我慢せずにすぐにお近くのスタッフまでお声掛けください。

よくあるご質問

1)レントゲン撮影は赤ちゃんに影響しませんか?

歯科レントゲン撮影は、口元だけ絞られます。お腹から距離があるうえ、面積も狭いため医科用レントゲンよりも被曝線量が大幅に軽減されています。しかも、最近はデジタル化されているため、従来の数分の1の線量で撮影しています。
さらに、撮影時にはエックス線を遮断する防護用エプロンを必ず着用していただきますので、赤ちゃんはもちろん、お母さまへの影響もかなり少ないです。安心してご受診ください。

2)処方された薬を服用しても大丈夫ですか?

当院では、妊婦さんへの処方はできるだけ控えています。どうしてもお薬が必要になった場合も、産婦人科医に確認を取り、妊娠の時期や状態・体調などもあわせて、安全性が高いと認められたお薬を必要最低限の量と期間だけ投与していますので、ご安心ください。
また、歯科に限らず、妊娠前に処方されたお薬を妊娠中に服用するのは極力避け、まずはかかりつけの産婦人科医に相談されることをお勧めします。

3)妊娠中の麻酔は、赤ちゃんに影響しますか?

歯科医院では部分的に効果を発揮する局所麻酔を使用しており、通常使う量では心配するような影響は母子ともにありません。
痛みをガマンして治療を続けるストレスの方が問題になりますので、痛みを感じた場合は遠慮せずにスタッフにお伝えください。

4)授乳中ですが、お薬やレントゲンが母乳へ影響しますか?

通常の歯科治療からレントゲン撮影、麻酔治療など、母体はもちろん母乳への影響もほとんどありません。また必要最低限の量と期間だけ投与していますので、ご安心ください。

pagetop